お酒を飲んだ翌日のむくみ 

お酒を飲み過ぎた翌朝は、むくみで目が腫れぼったかったり、顔がパンパンといった経験は誰にでもあるものです。

 

実はお酒は利尿作用があり、飲んでいるそばからそれ以上の水分を体外へ排出しているのです。これはアルコールが私達の体内に入ると、体が「毒」とジャッジして、できるだけ速く体外へ排出してしまおうと働くのが原因です。従ってトイレが近くなったり、お酒を飲んだ後は喉が乾いたり、一時的な脱水症状にもいたることがあります。

 

お酒を飲んだ翌日のむくみ

 

お酒を飲んだ後に「むくみサプリ」でスッキリ

 

 

体内の水分量をバランスよく保つには、利尿作用のあるヒハツ、血液をサラサラにしてくれるポリフェノールなど、むくみに効果的な栄養素からなるサプリメントを使うこともおすすめです。


 

2015年クチコミランキング1位に輝いた、むくみ解消サプリメント「美スラリッチ」は、むくみに効果的な栄養素がミックスされ、さらにビタミンB1も含まれています。

 

飲み過ぎたと思っても、寝る前に「美スラリッチ」を飲めば、余分な水分や、アルコールを排出し、身体の水分バランスを整えてくれます。

 

お酒を飲んだ翌日のむくみ

 

身体の水分バランスを整える

むくみとは体内に必要以上の水分が溜まった状態だけでなく、逆にお酒を飲んだ後のように水分量が少な過ぎてもむくむのです。つまりバランスのよい水分量こそがむくみ知らずのスッキリしたボディラインをキープする秘訣ともいえるのです。

 

私達は一日、約2リットルの水分を摂取すれば、このバランスのよい水分量をキープできると言われています。また適度なお酒とは個人差はあるもののアルコール総量が20〜40g、ビールでジョッキ1杯半、日本酒で一合程度が適量となります。

 

暑い夏、いくら喉が渇いているからといってビールを飲み過ぎたり、寒い冬は体が温まるからといって日本酒を飲み過ぎたりすれば、途端にむくみがちになるので、自分の体がどのぐらいの水分を必要としているか、体内の水分をバランスよく保っているかを気にかけておきたいものです。

 

またお酒を楽しんでも、翌日、むくみ知らずでいるにはちょっとした心構えが大事です。それは、瓶ビール半分程度といった適量を守るなどの基本的なことから、おつまみにも気を配ってお刺身やサラダなど低カロリーで血液の循環がスムーズになるものを選ぶことです。

 

お酒を飲めば眠くなりますが、ぐっすり眠ればそれなりに体の機能が回復するので、いつまでも夜遅くまでダラダラ飲むのも禁物です。飲んだ翌朝、お茶やハーブティー、ホットミルクなど温かい飲み物をとることも血液の循環を良くして、全身がスッキリします。それでも体がだるく、顔がむくんでいるようだったら朝風呂やサウナで汗を流すのもいいですし、軽くウォーキングするなどしてみましょう。

 

 

むくみと便秘を併発している場合は注意が必要

 

 

お酒を飲んだ後のむくみ解消

 

 

 

むくみと便秘を併発しているときは、自律神経が乱れていることが原因だったりします。自律神経がむくみと便秘をおこしているときは自律神経の乱れを整える必要がでてきます。

 

自律神経の乱れの病気としては自律神経失調症というものがあります。これは内科ではなく、心療内科への受診になるのですが、この自律神経失調症をほっておいてしまうと、便秘やむくみの他にも吐き気、耳鳴り、頭痛、過呼吸、倦怠感という症状もでてきます。あまりにも症状がひどいときは心療内科を受診する必要があります。

 

 

また便秘が原因でむくみが起きている場合は、便秘を解消することでむくみがあっという間に改善することがあります。

 

そういった場合は、下剤や便秘のお茶などを一時的に使用するのも1つの方法です。

 

下剤や便秘用のお茶などは、慢性的に使用することで耐性ができてしまう副作用がありますが、一時的に使用して便秘を解消することは問題ありません。
引用 便秘お茶

 

むくみと便秘が併発している場合は、まず便秘を解消して、むくみが解消されるのか様子を見てみてはいかがでしょうか?

 

 

むくみが起きている身体の状態

むくみというのは、人間の体の中で血液中に含まれている血漿成分が細胞官液となり、細胞に栄養を送り込みます。

 

その後、再び血液とともに心臓に戻り、また全身へ送り込まれるということを繰り返しています。この細胞官液というものが血液中にうまく戻れなかった場合に体にあちこちむくみの症状としてでていきます。また、日常生活でもむくみの原因となることは多々あります。

 

長時間同じ姿勢であったり、ヒールの高い靴を長時間はいたり、アルコールや塩分、水分をとりすぎたり、寝不足などの不摂生などが原因となりむくみをひきおこしたりします。

 

むくみを予防するためには、半身浴などでぬるめのお湯に浸かったり、寝る前に塩分や水分をとりすぎることに注意をしたり、有酸素運動をすることで改善されます。

 

便秘が起きている身体の状態

便秘とは様々な原因が考えられすが、このむくみと同じような原因で便秘になっていることが考えられます。

 

運動不足やストレスが原因で起こっている便秘が今や多いです。現代社会の病気といわれます。その原因となるストレスをためないようにすることがいいのですが、なかなかそう簡単には、ストレスから解放されることはありません。

 

なので、体を動かして、むくみのときに解消方法としていいとされている、有酸素運動をして体を動かすことで、ストレスから解放されたり、体の血の流れをよくしたりといいことづくしなので、有酸素運動は、むくみの解消にも、便秘の解消にもとてもおすすめです。

 

また、むくみの時にあげた、自律神経の乱れでも、運動は良いとされています。

 

心療内科に抵抗がある方は、まずは自分で出来ることから初めて見るのもいいかもしれません。もしかしたら、運動をすることによって、色々な、ストレスやむくみ、便秘から解放されたりするかもしれません。